親子

ベビーベッドのレンタルを考えてみましょう〜スクスク子育て〜

早めに相談しよう

手

小児科に相談

乳児湿疹と言っても、様々な種類があります。その種類により原因や症状、ケア方法が異なりますので、注意が必要です。乳児湿疹としては、脂漏性湿疹やおむつかぶれ、アトピー性皮膚炎、アレルギーなどがあります。原因はなんであれ、生後2週間頃から現れやすくなり、1〜2歳までには自然治癒することが多いようです。乳児湿疹については、同じような症状に見えても原因が異なることも多いため、症状だけを見て原因を見つけるのは無理なことです。様子を見ても、改善されることがないという場合には、医療機関を受診し、適切な治療を受けるようにしましょう。小児科か皮膚科のどちらを受診すれば良いか分からないという場合には、まずは小児科に相談するようにしましょう。

自宅で出来るケア方法

乳児湿疹の原因として多く見られるものに母親からの女性ホルモンの影響により、過剰に分泌された皮脂が毛穴に溜まることにより、肌に赤いプツプツが出来る新生児ニキビがあります。顔全体に広がることもあります。ケア方法としては、肌を清潔に保ち、余分な皮脂を取り除くことが大切です。赤ちゃん自身が触ったり、ひっかくことで症状が悪化する可能性もありますので、注意が必要です。爪は丸くなるように切り揃えるとともに、気にするようであれば、柔らかい素材で出来たミトンなどを着用させるようにし、こまめに交換するようにしましょう。洗顔などは、赤ちゃん用の刺激の少ないタイプを使用するようにすることで、症状悪化を防ぐことが出来ます。